茶室設計と施工の進め方

Consultation counter for tea room design and tea room construction

 茶室は『狭くても美しく豊かな』世界に誇れる、日本の素晴らしい住文化です。
 私はこの住文化を繋げるために、茶室の普及を天命と定め活動しています。

【自宅の茶室作りで大切な順番】まず ①貴方が志す茶の湯を見つめて将来を想像します ②必要な要素を決めて間取り図を作ります ③間取り図なのかで、茶の湯と日常生活のシュミレーションをします。

茶室作りの手順

茶室作りは「自宅でもお稽古をしたい」と多くの方は第一にそう考えていらっしゃいます。日本人の勤勉な姿で素晴らしいと思いますし、茶室作りのきっかけとして良いことです。
そして、自宅に作る茶室は生涯、家に残りますので、その先もイメージするのがよいのです。

まず貴方の志したい茶の湯を見つめます

まずは、どんな茶の湯を志したいのか、まず自分を見つめてみます。そして将来、茶室で誰と一緒にどんな茶の湯をしているのか想像してみましょう。

例えば、
・茶の湯教室を開いて若い人に茶道の素晴らしさを伝えている
・親しんでいる茶の湯の友人と、ゆったりと茶事をする
・親族や知人が集まる時にミニ茶会でもてなす、等々楽しみながらイメージしてみます

どんな茶の湯をしたいかで、茶室の間取りは違いますので、使い方のイメージが大切になるのです。今すぐ出来なくて、将来の夢でいいのです。

間取り図を作る

使い方のイメージが決まれば間取り図の作成です。その為には必要な茶室の広さや設備を整理します。

・茶道教室や、親族や知人と茶会をやりたいならば、人数に合わせて茶室の広さが大切になります。
・茶道教室を開きたいならば、水屋は必須(置き水屋も可)ですので、その場所を考えます。
・友人と茶事をやりたいならば、キッチンが大切になり、水屋は無くても出来ます。

要素が整理できましたら、ご自分で間取りを考えるか、業者に依頼するかのどちらかになります。

茶室の考え方の手順 
茶道口→貴人口、床の間の順番で考えます。
・茶道口から水屋、キッチンなど『勝手側』に繋がることで、お点前の準備がスムーズにできます。
 『勝手の位置』をみれば、茶室の茶道口はほぼ決まります。そして茶道口が決まれば、おのずと点前座は決まります。
・茶室は『茶道口、貴人口、床の間」の間取りのバリエーションが作れることが多いので、幾つか作ってみましょう。
間取り図は、実際の『使い方を検討する為』に作りますので、ラフでもいいですので幾つか作るのがお勧めです。

間取り図なのかで、茶の湯と生活をシュミレーションする

・間取りが出来たら、その図面の中にいる気持ちで、貴方やお客さん、お弟子さんなどがどのように動いて、どんなシーンがあるのか具体的にイメージしてみます。
・間取り図の中で茶の湯と日常生活のシュミレーションをすることですので、バリエーションが多い場合は時間がかかりますが、とても大切なことで、茶室が出来上がってから後悔が無くなります。
・それぞれの間取りの良し悪しを確認し、修正出来る所は直していきます。
・そして貴方にとって一番良い間取りに決めていく、という順序になります。

茶室を作ると家全体が美しく、生活が豊かになります
自宅に神聖な茶室があることで、生活に美しさと潤いを作ることが出来ます。
・茶室は、日常生活の中の潤いの場としても使えるように作れます。
・日常とは切り離した別世界のエグゼクティブルームとしても作れます。
どのような茶室作りでも、家全体が美しくなることを意識して作っていきます。

あまり使っていない部屋があるならば「いつか素敵な茶室を作りたい」と思わずに、直ぐに検討してみましょう。貴方の日常が、生き生きとした美しい生活に変わっていきます。

【無料相談】茶室図面の添削を致します(新築/リフォームどちらも可)

・無料相談は申し訳ありませんが『茶の湯インテリア術』を読んで頂いた方に限らせて頂きます。
 私の著書『茶の湯インテリア術2』に詳しく考え方と手順が書いてあるので、まずは参考にしてください。本の内容だけでは、ご自宅の間取りが決まらない時に無料相談でお問い合わせください。
・ご依頼と添削方法は下記をご覧ください。
・工事業者が決まっている時は、それをプリントして工事業者との打ち合わせで使うとスムーズに設計が進みます。
※工事業者任せは、後で『使い辛い/使うまで気が付かなかった』など後悔が多くなるので、お気軽に相談ください。
※仕事の合間にやりますので、添削には多少お時間を頂きます。(2~3日)
※図面制作はいたしませんので、工事業者に依頼してください。

【こんな方がご依頼しています】
・地元の工事業者や大工に頼む予定で、茶道関係の知人に相談しながら、自分で間取り図を描いたものの、良い感じにならない方。
・すでに工事業者と契約していて、間取り図が出来ているが、これでよいのか判断の付かづ、茶室設計に不安のある方。
・自分で間取りを決めたいけれど、茶室設計を相談できる人がなく決められずに迷われている方。
【ご依頼方法】
・『お問い合わせ』から、ご相談の旨をお知らせください。
・内容を詳しくお聞きして、添削する間取り図を送って頂きます。
※間取り図とは、新築やリフォームなど施工業者に依頼して出てきた図面です。その上に貴方が茶室を描き込んだものでもよいです。
【添削内容】
・図面に赤ペンでの添削とその意味を書いてお送りします。
・茶室以外に、寄付き、待合、露地も添削します。

メールのやり取りなので仕様決めにはお時間が掛かりますので、検討を始めて直ぐでもかまいません。多少使い方など曖昧でよいので、お気軽にお問い合わせください。

図面に赤で添削します 落書きパースを描くことも…
水屋や露地の計画もあれば添削いたします

大貫雄二郎一級建築士事務所で、茶室の設計と、設計&施工をしております。
1)茶室の設計は、こちら(東京)と遠距離で数寄屋大工が行けない地域を考えています。
 地元の工事店に茶室のノウハウが無い場合に、工事店の一般の大工でも問題なく侘び数寄の茶室が出来る、設計図面を制作いたします。
2)設計&施工は数寄屋大工と組んで進めます。
 茶室専門の建築家が考え、数寄屋大工が工事しても、さほど費用は高くなりません。
 その理由を詳しく説明いたしますので、案内をご覧下さい。

数寄屋大工と作った【茶室事例】

大貫雄二郎【設計事例】

茶室作りを考えている方へ【茶の湯インテリア術】のご紹介

Introduction of [Tea Ceremony Interior Technique] to those who are considering making a tea room

リビング、ダイニング、畳ルームに茶の湯空間を創る

茶事・茶道教室 本格的な茶室作り