日本の綺麗を楽しむインテリア

素敵な部屋作りはその人素敵にします。それは素敵な部屋作りをしていくことで、高い美的センス、知性と教養、そして行動力がみなぎる人へと成長していくからです。このサイトはあなたを一味違う魅力的な人に変身させます。

真似したい『有名茶室』の解説紹介
茶道を修道する人の多くの方は、茶室に興味を持っています。
侘び数寄と茶道具は『日本の美』の象徴なのでしょう。

ここに掲載した有名茶室は、茶人のこだわりが強く伝わってくるものばかりです。
私が建築やお茶を続けて行くのがしんどく感じた時に、私の背中を押してくれます。
それは、自由な発想と、細かいこだわりと、数々の失敗の跡です。

様々な茶室専門書をまとめたものです。参考にしてください。
参考文献:「茶室の見方」主婦の友社 ・「全国名茶室案内」婦人画報社
    ・「京の茶室」婦人画報社  ・「古典に学ぶ茶室の設計」建築知識
    ・「数奇屋建築詳細図集」住宅建築別冊 ・「茶室案内No.1~12」淡交社


待庵(たいあん)国宝

待庵 茶室
『待庵』は千利休が作ったと言われる、始めての草庵茶室(侘び数寄屋)です。
極小2畳の、とても有名な茶室です。(国宝)

待庵が作られる以前は、書院造りがフォーマルな空間として使われていましたが
利休により、草庵空間が客間(フォーマル空間)として使われるようになりました。(書院と数奇屋の内装仕様の違い参照)
現代の和室は書院と数奇屋の中間の内装仕様であることがわかります。

お客様が入口に使う『躙口』も付けられていますが、現在の一般的なサイズより大きいです。
待庵 高さ=2.6尺(787) 幅=2.37尺(718)
現代 高さ=2.3尺(697) 幅=2.1尺(636)

茶室の出入り口を、広縁から『躙る』プランニングにした時、同じ高さで
躙るのは出入りがしにくいので、私は待庵のサイズを提案するこにしています。

■ポイント解説
杮葺き(こけらぶき):瓦が使われる前からある屋根の葺き方で、サラワや杉の木材を薄く割った板を、幾重にも重ねて、竹の釘で止めながら葺いたもの。
へぎ板:板を薄く剥いだもの(ノネ板とも言う)表面が凸凹していて詫びた風情を持つ。木の繊維を壊していない(切っていない)ので耐久性が良いと言われる。
下地窓(したじまど):土壁を塗り残したように下地の葦を見せる意匠の窓。本当に塗り残すのではなく下地の小舞とは別に葦を組み合わせる。
現代は葦の代わりに竹を使うことも多い。


密庵席(みったんせき)国宝

密庵席 茶室
『綺麗さび』のテイストで有名な小堀遠州が作ったと言われる、書院風茶室です。
江戸幕府の作事奉行(今の建設大臣みたいなもの)をしながら、将軍の茶道役も勤めました。
仕事で作った建築より、趣味で頼まれて作ったと思われる「茶室」のほうが現在有名です。

茶室が草庵化していく中で、武士向けの茶室を提案したのがこの『密庵席』です。
有名な書院茶室『忘筌』も遠州の作といわれています。
「書院をベースに数奇屋の要素を取り入れた」この形など、自由に提案しているのが面白いです。 「茶室はこうでなくてはいけない」などと固く考えることはないのでしょう。

■ポイント解説 張付壁(はりつけかべ):襖のようなものをはめ込んで仕上げた壁。(書院造りの標準仕上げ) 紙張りとなるので山水画など描かれていることが多い。
真塗框(しんぬりかまち):床の框(床の下部の材)を真塗りとしたもの
真塗り(しんぬり):黒漆を何回も塗り/研ぎ出した、つるつるの仕上げ
真の杉丸太:部材の真行草は色々な解釈があるが、ここでは曲がりが無く、「絞り丸太」でない、杉丸太の意味
面皮柱(めんかわばしら):四角い柱の角が丸太の「面」になっている柱。現在も茶室はこれを使うと「本格派」といわれる。


如庵(じょあん)国宝

  如庵 茶室
『如庵』は織田有楽(織田信長の弟)が作ったと言われてる。
 二畳半台目下座床の草庵茶室(侘び数寄屋)です。

特徴は、炉先の前角に中柱を立て板を火灯形に抜いているところ。
床脇に三角の鱗板を入れ壁を斜行、茶道口からの動線を考慮したところ。
点前座脇壁にある二つの連子窓を竹の詰め打ちにしたところ(有楽窓と言われ有名)。
腰張りに古歴を張ったところ。(最近の茶室は古歴を好む人が多いですね)
躙口前を土間庇とし、外観側に見せていないところ等。

■ポイント解説 連子窓 れんじまど:細い竹を、縦に一定の間隔を置いて、窓に取り付けたもの。
中柱 なかばしら :一般的には台目構えか道安囲いに立てる。如庵の立て方は特殊。
刀掛 かたなかけ :茶席の躙口の近くに設けられた木枠でつくった刀を置く棚。
             当時武士でも茶室には刀をつけて入れなかったのです。


国宝のお茶室

  日本の国宝茶室は前回までに紹介した『待庵』『密庵席』『如庵』の三席です。
それぞれ個性的な茶室です。
  現在は「本格茶室」というと、定番のお決まりにすることが多いですが、昔の方が自由に楽しんで茶室を作っていたように思います。


燕庵(えんあん)

  燕庵 茶室
古田織部が作ったといわれています。
織部は利休の弟子で、利休死後、徳川家康に「武士らしい茶道」を目指すよう命じられ、 大名でありながら、将軍家の茶道師範を務め、武家茶道のベースを作ったといわれています。
利休時代の茶の湯は、町人(豪商)の都市文化として侘茶があったのです。

燕庵の特徴、間取りは深三畳台目下座床で、相伴席を作り茶室内の上座と下座を明確に分けています。

床框を真塗りにして手前座も色紙窓など華やかさをつけ、大名が正客や亭主であってもさまになるような草庵茶室をデザインしています。

深三畳台目下座は、現在、公共の茶室でも多くあります。
また、一般邸に作る小間茶室も、この形式にされる方が多いようです。

■ポイント解説
色紙窓(しきしまど):点前座に中心軸をずらし上下に配置した窓。上を連子窓、下を下地窓で片引きの障子をつける。
色紙ちらしの張りつけに似ている事からそう呼ぶ。
墨蹟窓(ぼくせきまど):床の袖壁にあける下地窓のこと。窓に花入を掛ける釘を打ち花明窓(はなあかりまど)ともいう。
雲雀棚(ひばりだな):点前座の「台目構え」に付く棚
相伴席(しょうばんせき):当時は、付き人(家来)の席


又隠(ゆういん)

  又隠 茶室
裏千家を代表する茶室の一つで、利休の孫の宗旦が作ったといわれています。
茶室は四畳半を基本としますが、又隠は利休が聚楽屋敷に作った四畳半と同じ構成で、宗旦がその茶室を再現したものです。

又隠の特徴は、四畳半での草庵のデザインです。
天井仕上げが、へぎ板網代の平天井で、躙口側の半間を化粧屋根裏にしています。
また、点前座の入隅を塗回して上部に楊子柱を見せているところや、点前座に洞庫をつけるなど、侘びた風合を作っています。

■ポイント解説
楊子柱(ようじばしら):部屋の隅の柱上部を、部屋側に膨らませ、塗り壁を上部だけ塗り残したもの(楊子のように柱が見えるから)。
現代の茶室では、後から楊子柱の部材を付けることが多い。
洞庫(どうこ):点前の途中で、茶道具(お茶碗、建水など)を仮置きするところ。
化粧屋根裏(けしょうやねうら):天井を張らず、屋根裏の構成を室内に見せる形式。垂木(たるき)の上に木舞(こまい)を配列し裏板が張られるという屋根裏を天井に見立てたもの。材も構成もきれいに整えるところから化粧屋根裏という。
花入れ釘(はないれくぎ):床柱に打つ、花入を掛けるための釘
仙叟(せんそう):千仙叟 宗旦の子供 裏千家四世