日本の綺麗を楽しむインテリア

素敵な部屋作りはその人素敵にします。それは素敵な部屋作りをしていくことで、高い美的センス、知性と教養、そして行動力がみなぎる人へと成長していくからです。このサイトはあなたを一味違う魅力的な人に変身させます。

素敵な茶室作り

茶室作りの【資料集成】

私は茶室に魅せられて住宅デザインの道に入りました。
20~40才代まで茶室や茶道具の研究を仕事のかたわら続けてきまして、この資料はその研究をまとめた資料集成です。
茶人や住宅デザイナーへの講義にも使ったものですので、皆様にも参考になればと思い、閲覧できるようにしました。

茶の湯インテリアの事例

新らしく『茶の湯インテリアの事例』ページを作りました。おおぬきゆーじ自宅の茶の湯インテリアから公開を始めています。

『茶室の間取り』の知識

茶室間取り

茶室に求められる一番大切なことは、亭主と正客の良い関係作りです。
茶室の決まりごとの多くはこの『亭主と正客の良い関係』を作るために決められたものです。

本書ではこの関係が良くわかるように、間取り図に人を配置して解説しました。
間取りを見ながら自分がプラン上の人物になったように見ていただき、茶室空間をイメージすると良いかと思います。
【先を読みに行く】

真似したい『有名茶室』の解説

待庵 茶室

茶道を修道する人の多くの方は、茶室に興味を持っています。
侘び数寄の茶室と茶道具は『日本の美』の象徴なのでしょう。

ここに掲載した有名茶室は、茶人のこだわりが強く伝わってくるものばかりです。
それは、自由な発想と、部材の細かいこだわりと、数々の工夫の跡です。

これらは様々な茶室専門書をまとめたものです。
参考文献・「茶室の見方」主婦の友社・「全国名茶室案内」婦人画報社 ・「京の茶室」婦人画報社・「古典に学ぶ茶室の設計」建築知識 ・「数奇屋建築詳細図集」住宅建築別冊・「茶室案内No.1~12」淡交社
【先を読みに行く】

『茶道具』のテイストと時代

茶碗史

私の『美の規範』は茶の湯の美術から学んだものです。
茶道具は日本の最高の『工芸技術』で作られたものですが、それとは反対に、日常の雑器から『見立てたもの』もあります。
この既成概念にとらわれない『美を素直に評価』する視点を茶の湯の美術から学びました。

ここに掲載した茶道具は歴代茶人のこだわりが強く伝わってくる、現代よりももっと幅広いデザインテイストの道具たちです。
今よりもっと自由な道具選びが一番の見どころだと思っています。
【先を読みに行く】

『国宝茶室を自宅に』作ったら

国宝茶室を自宅に作ったら‥どんなプランになるのかを検討してみました。
これをやっているときは連日徹夜したくなるような楽しい作業でした。
プランを作ってみたのは待庵・密庵席・如庵。
起こし絵図まで制作したのは待庵、密庵席です。
【先を読みに行く】