数寄屋大工さんによる茶室の工事中です。
 15年一緒に茶室作りをしてきた数寄屋大工さんは真の茶室好きで、良いものを作るのを最大の喜びにしている方です。
 費用が合わないだろうと私が低コストの設計をしても、コスト度外視/持ち出しで良い部材で作る、今どきには珍しい数寄屋大工さんです。
 写真1は躙り口 挟み鴨居と挟み敷居の使用する部材です。写真2は工事が進んだイメージの別案件のものです。
一般の大工さんだと、通常の敷居鴨居に板戸を納める仕様でしか作れないですが、数寄屋大工さんは『これを作りたくてしょうがない』と腕を振るいたいのが一緒に仕事をしているとヒシヒシと伝わってきます。今回は通常の敷居鴨居と変わらない費用で作ってくれています。

 昔は『贅沢を省いた茶室の仕様』が今は『高価な仕様』になっている時代のギャップを感じますが、でも、お客様を茶室に通す躙り口は『手間暇かけて丁寧に作る』ことが大切と感じるのは、今も昔も茶人にとって同じなのだと思います。

 お施主様も『丁寧に作った茶室』を『愛着を持って丁寧に使って』いただけると思います。

挟敷居(磨き丸太) 挟鴨居(蟹杢)
躙り口と下地窓 工事中別案件