日本の綺麗を楽しむインテリア

素敵な部屋作りはその人素敵にします。それは素敵な部屋作りをしていくことで、高い美的センス、知性と教養、そして行動力がみなぎる人へと成長していくからです。このサイトはあなたを一味違う魅力的な人に変身させます。

インテリア照明

【インテリア事例編】ハロウィンの飾りをロウソクの灯で

遊びに来る妻の友人を迎えるため、玄関飾りのロウソクに火を灯しています。
ハロウィンの季節なので、かぼちゃの飾りを意識して、庭で育った赤い烏瓜(カラスウリ:かぼちゃもウリ科なので、遠い親戚と言う事で‥‥)と一緒にロウソクを7つ並べています。
真ん中にの大きなロウソクの左右には、娘が作ったシーサーをセンターを明確するために置いていますが‥シーサーである意味はありません。

左右6個の燭台(しょくだい)は、元々は茶事の酒杯のために作った、おちょこ(酒器)を見立てて使っているものです。

インテリア照明08 飾った物には照明光を当てる

部屋に物を飾るときは、その飾った物に光を当てるのがインテリアの基本です

飾る物は光が当ることで、色や立体感が明解になり、その物が持つ本来の生き生きとした表情が演出されるからです。
それは、演劇の舞台の照明効果と同じで、俳優さんがスポットライトに照らされて一段と際立って見えるのと同じ効果です。

(さらに…)

インテリア照明が明るすぎる日本 外国人がびっくり!!

外国人が日本の家を夜に尋ねると
『なんで日本人は昼間と同じくらい、夜も部屋を明るくするのか?』
とびっくりすると良く聞きます。

日本は部屋の天井の中心にベースライトを一つ付けますが、<strong>そのベースライトが明る過ぎるのです。</strong>
照明器具に『○○ワット+○○ワット蛍光灯○ 畳用』と書いている通りに採用しているのですが、<strong>そもそもそれがとても明る過ぎます。</strong>
(昔々「明るい♪~ナ〇ョナール♪~明る‥」と言うコマーシャルがありましたが、その通り明る過ぎるのです)

お年寄りでも部屋の隅々まで見づらくならないような、明るさが確保できてますが‥本当にそこまで明るくする必要があるのでしょうか?

照明計画は部屋全体を昼間のように明るくしなくても、必要な所にだけ灯りをつければ足ります。<strong>欧米の人はそんな使い方をしてるので、日本の照明の明るさに外国人がびっくり</strong>しているのです。

<strong>日本もそろそろ欧米のように、夜は夜らしくゆったり過ごせる照明計画に切り替えていく頃です。</strong>
そんな照明計画を本ブログでは紹介いたします。

このブログで『気付き』や『やってみよう』と思われたら、
下の『Shar』をクリックしてください。よろしくお願いいたします。m(__)m