日本の綺麗を楽しむインテリア

素敵な部屋作りはその人素敵にします。それは素敵な部屋作りをしていくことで、高い美的センス、知性と教養、そして行動力がみなぎる人へと成長していくからです。このサイトはあなたを一味違う魅力的な人に変身させます。

インテリアを美しく 収納計画のポイント

インテリアを美しく 収納計画のポイント

「収納・片付け・捨てる」のインテリアブーム(?)は結構続きますね~

「収納・片付け・捨てる」に関する本は、私も何十冊か読みましたが、確かに良いことが書いています‥でも‥インテリアを美しくするには「収納・片付け・捨てる」だけだと、殺風景なインテリアになっちゃう家も多いのでは‥と思います。

部屋の整理整頓は、美しいインテリア風景を創った後で
インテリアを美しくするには、飾る&整理整頓の両方が必要です。
でも私のお薦めは、先に美しいインテリア風景を創ることです。
そして次に、美しい空間を乱す物を片付けたくなったら、収納計画を見直す。この順番です。

話は少しそれますが、ヨーロッパの古くて美しい街並みで、ゴミを散らかす人は少ないですよね、きっと、美しい空間は美しく保ちたいと誰もが思うのではないでしょうかね?

でも日本の汚い街は依然としてゴミが落ちていたりして‥「まーどうせ汚い街だから、ちょっとぐらいゴミ捨ててもあまり変わらないしー」と‥それは、日本の街が近代化してあまり美しくないからではないのかーーなどど思いますが‥

話をもどしまして
インテリアを片付けるのは結構大変で、完璧な整理整頓を目指すとノイローゼになりそうです。
だから「美しいインテリアが保てる範囲で片付ければ良い」と気持ちを楽にやればいいのです。

飾る物以外は、見えないようにする
美しいインテリアにするには、飾る物以外の物は見える所に出しておかないことです。
(結構厳しく言いますが‥ホントです)
だから収納計画は、全ての物が、仕舞いきれるように考える必要があります。
でも、一度仕舞う場所が決まれば、急にお客さんが来てもササッと綺麗な状態に戻せます。
そんな生活ができるための収納のノウハウを書きます。

収納計画を考えるための、大切な三つのポイント
1、使う物の出し入れをし易く
2、家具は収納量と形を考える
3、物を減らす

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です