日本の綺麗を楽しむインテリア

インテリアは人を楽しませ、人を大切にする『幸せの環境作り』

【インテリア事例編】初夏 剪定したモミジの枝を飾る

【インテリア事例編】初夏 剪定したモミジの枝を飾る

初夏は伸び放題になってしまう庭木がたくさんあります。
我が家のモミジの枝は毎年剪定をした後、そのうちの一番長い枝を選んで部屋に飾ることにしています。
直ぐゴミに出すのも可愛そうな気もしますし、何よりモミジの枝は長くて伸びて迫力があり、部屋に飾ると『樹木の美しい気』を流しインテリアを一新してくれます。

モミジの葉だけでは少し寂しいので、庭に咲いていた石楠花(シャクナゲ)を添えて飾っています。
巨大なガラス瓶の花入れは、以前、朝鮮人参が入っていたものを捨てずに使っています。
枝の長い花はよくこのガラス瓶花入れを使います。
縦長のガラス花入れを一つ持っていると、細長い花(ガーベラなどなど)を短くしないで飾れますので、お勧めです。

(ちなみに左の花束は、ちょうど剪定した日に友人からの頂いた花です。一緒に飾りました)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です