大貫雄二郎(筆名:おおぬきゆーじ) プロフィール

一級建築士 住宅デザイナー

大貫雄二郎一級建築士事務所

自己紹介

大貫雄二郎一級建築士事務所主宰。 学校法人高澤学園監事。 
茶室設計を主とした設計業務。 住宅会社様向け、提案力強化研修/折衝案件の提案支援。
電子書籍出版、住まいの書房インテリア実用書シリーズ。

1959年 東京に生まれる
東京芸術大学美術学部 構成デザイン修士課程終了。 高澤学園すいどーばた美術学院講師。
㈱GK ハウジングデザイン部。 積水化学工業(株)セキスイハイムの住宅商品開発、チーフデザイナーとして従事。 同グループ内デザイン強化研修、延べ2.6千人育成。 セキスイデザインワークス㈱リフォーム部責任者。 2020年退社独立

皆さんこんにちは、大貫雄二郎です

住宅デザインの仕事を32年間キャリアを積み、現在は大貫雄二郎一級建築士事務所主宰として、住宅デザインの仕事をしています。 私の経歴は積水化学工業㈱のセキスイハイムのデザイナーとして、新築やリフォームのデザイン提案と、社内のデザイン研修の講師をしてきました。
デザイナーとしてのセキスイハイム商品開発では、試作棟/住宅展示場/実邸の設計/カタログ作りなど様々な業務をし、そしてデザイン研修は、社内のデザイン提案力強化を目的とした研修の企画から講師まで務めてきて、2千人を超えるインテリアコーディネーター、営業マン、設計士に指導しています。 研修は今年で13年目になり、現在も続けています。 私のデザインの基盤は、茶室建築/住宅デザイン/伝統工芸/芸術/プロダクトデザインなどで、一般の建築家と少し違い、より幅広いデザインの世界観から部屋作りを考えることができます‥その経歴を少しお話します。


大貫雄二郎

プロ以前の準備時代

■茶の湯を始めたのは16歳の頃で、自宅の母の教室で修道しました。ですが…お稽古は余り出来ず(お弟子さん優先の為、3時間待っても出来ないことがありました)、私の興味は茶道具や茶室へと広がっていきます。茶道具/茶室/茶庭の本格的研究?を始めたのは社会人になって、パソコン時代からです。茶の湯はプロのデザイナーのベースの知識になったと思います。
■大学入るのに5浪しました‥ 学生の頃は芸術家に憧れて大学は東京芸大を目指しました。 しかし現役入試はあえなく失敗。ビルの窓拭きバイトをしながら、絵を描く長い浪人生活の始まりでした。 フリーターやニートという言葉もまだない、のんびりした時代でしたが、両親の心配は相当なもの。「息子はご飯と寝る場所をあたえる犬か猫を飼ってるつもりになればいい」と両親は半ば諦めていたようです。 その後何とか5浪目で東京芸大デザイン科に合格しました。
■芸大の教育指導とは‥ 才能溢れる仲間に囲まれ、自分だけのフォルムを追い続ける自由な時間。 当時東京芸大はデザイン科であっても、芸術性の高いアーティストを生み出すという姿勢があり、私は絵画や彫刻などをがむしゃらに創りました。 公募展にオブジェなどを出品しながら、芸術家を目指していました。
■大学院も含めて6年の大学生活の間、私は長年浪人していた美大予備校『すいどーばた美術学院』で講師をして、デッサンや平面構成など指導していました。 浪人生のクラスを受け持ち、そして生徒が成長していく姿を見るのは楽しく、やり甲斐がありました。会社勤めをしてから『講師』という役職を受け持ったのも、この時の、喜び体験があったからだと思います。 大学院に入り就職時期が近づいてくると‥芸術家で食べていくことはできないし、もっと実践のデザインにも挑戦したいという思いもあり、卒業後は日本で一番大きなフリーランスデザイン会社GKデザインに就職しました。

浪人時代 平面構成 & デッザン

芸大時代 モビール作品

社会でのお仕事

■㈱GKに30歳の新人で入社 時代はバブル後期、国や企業の都市開発、商品開発がまだまだ盛んでそれに伴うデザインの仕事が山のようにありました。連日徹夜の作業です。 住宅設備、住宅建材、医療機器、産業用ロボット、JR車両の内装、オーディオ機器などのデザインをしながら、プロダクトデザインを徹底的に仕込まれました。 また住宅のデザインの仕事が増えてきて、私が担当することになり、建築に対する興味が強くわいてきたのがこの時期です。
■学生時代から数寄屋建築や茶室の美しさに魅かれ、そんな空間を造ってみたいと言う思いから、『住宅デザインは私の生涯の道』と思い、㈱GKから、積水化学工業㈱に転職し住宅デザイナーになりました。
■セキスイハイムの商品開発で、初めてチーフデザイナーとして任されたのは…ほぼ打切りになりそうなプロジェクトでした。(楽に進むプロジェクトは上長は離さないです)それをなんとか上市させた後は開発チームからも信頼され、次の商品のモデルチェンジはあまり売れていない商品を主力商品に強化し、その後ハイム/ツーユーホームの8タイプを次々と開発してきました。
■新築の商品開発で13年間過ごし、リフォームの事業部に移りました。住宅商品は外装システムの開発が主で、顧客ニーズは面でとらえるので、もっときめ細かい生活に密着したデザインをやりたかったからです。そして開発を若手デザイナーに譲りたかったこともあります。
■リフォームの事業部では、生活提案力強化のデザイン研修を全国のハイムリフォーム会社にやり始めました。これが事業拡大に大きく貢献し大人気の研修となり、5年間で2.6千人ほどの受講者を育成しました。
■そして、子会社のセキスイデザインワークス(株)の一般リフォームの責任者として勤務しました。そこでは、大型のリフォームにはデザイナーと同行折衝して(計約120件)高い契約率を獲得しました。
また、提案力強化の研修をきっかけに全国のハイムの茶室の相談を受け提案書を作り、実際の茶室のリフォームも手掛けたりと70件近く茶室作りに携わりました。


インテリアで人生を楽しみましょう

■電子書籍やホームページを始めたのは12年前です。きっかけは、北欧やオーストラリアの住宅を仕事で訪問し、明らかに日本の住宅より美しく生活を楽しんでいると感じたからです。庭で育てた花が飾られたダイニング、自作の工芸品を雰囲気良く並べた居間、高価な美術品や家具を取り揃えてるわけではないのに、 美しく居心地の良い家がたくさんあります。
普通の人がインテリアを気軽に/しかも高いレベルで楽しんでいる姿に出会って、日本の住宅がこれから目指すことはこれだ!と感じました。 インテリアには美しくする一定の法則があり、デザインの世界で仕事をしてきた私の目には理解できます。これは、覚えてしまえば誰にでもできるものですので、インテリア創りのノウハウを、電子書籍はホームページを通じて多くの方々に伝えようとしているのです。
『日本の住宅は狭い』と感じている方も多いと思いますが、狭いからこそ心地よく豊かに暮らす、日本独特の文化もあります。 是非、 みなさんと一緒に、家を大切にインテリアを楽しんで、素敵な人生を送りましょう。

セキスイハイムの商品開発

茶室リフォーム

北欧住宅訪問