おおぬきゆーじ | 幸せ生活&人生のインテリア作り

素敵な部屋作り

素敵な部屋の作り方 フォーカルポイントを作ろう【2-1】

今回の事例は部屋の入り口からの見て、
間口が広く見えるプラン例の、インテリアの作り方の大切なポイントを書きます。

間口が広い部屋の場合は首を左右に振って、部屋全体を見るようになります。
部屋全体とは3面(正面・左面・右面)のことで、それぞれにフォーカルポイントが必要になるわけです。
リビング南庭プラン図
部屋全体を美しくするとは本来、部屋の4面とも美しくするべきです。
このプランの場合は部屋の入り口から、4面のうちの3面が見えてしまうわけですから、3面ともおしゃれにしていきましょう。

右面のインテリア風景
【Before】リビングのテレビの周りが淋しい感じで『世界観』が無く殺風景なインテリアです。
B前 右

【After 】家具をフォーカルポイントにするために、飾る棚の付いたテレビボードを置き、棚に本や小物を飾ります。
壁面を覆うテレビボードのボリュウム感が良い感じで、フォーカルポイントになっています。
B後 右1

【After 】長いテレビボードと吊り戸を配置し、天板の上には物を飾ります。
家具はボリュームがあったほうが(壁の間口を一杯に使う)フォーカルポイントとして明確です。
家具の天板の上は『飾るための場所』ですので、おしゃれなインテリアアイテムを準備しておきましょう。
インテリア風景の趣が生まれます。
B後 右2

今回のまとめ。間口が広い見えるプランは、正面・左面・右面の3面ともおしゃれにインテリア創りをして下さい。
家具を配置してのインテリアは『インテリア家具ブログ』も参考にして下さい。

このブログで『気付き』や『やってみよう』と思われたら、
下の『F Share』をクリックしてください。よろしくお願いいたします。m(__)m

素敵な部屋の作り方 フォーカルポイントを作ろう【1-1】

部屋をおしゃれにするのは簡単です。部屋のどこかに『おしゃれな場』を作ればよいのです。
インテリアではそこをフォーカルポイントと呼びます。

そのフォーカルポイントを作る所は、リビングの入り口から良く見える所にします。
ココからのインテリアの風景は、リビングに入った瞬間に美しい部屋か、乱雑な部屋かの印象を決めてしまう所。お客様が来られるときは、リビングに入って「素敵」と感じるか「汚い部屋」と思うかで気持ちの差は大きいです。
だから、リビングの入り口からの風景は、おしゃれなフォーカルポイントを作っておいた方が良いのです。

では具体的にプラン&パースを見ながら『フォーカルポイン トの作り方』を説明していきます。

リビング入口からのインテリア風景は「ダイニングテーブル」が近くに見え「右壁面」「正面」がよく見えます。
この3カ所をおしゃれに‥フォーカルポイントを作っていけば部屋は美しくなるのです。
プランAA前A後 リビング棚

・右壁面
【Before】ダイニング側とテレビ上の壁 面が広く、間の抜けた感じがします
【After】リビングのテレビボードは門型にして、ガラス扉の中にものを飾っています。
手前のダイニングはローボードを置き、上部に棚を付け、天板と棚に物を飾っています。

・正面
【Before】窓が広く、殺風景なバルコニー や洗濯ものが見えます。
【After】バーチカルブラインドを付 け、外の光だけを美しく取り入れています。

・ダイニングテーブル
【Before】テーブルの上は片付いていますが‥
【After】テーブルランナーを敷き、その上に花を飾っています。

【After】のインテリアは、改めて解説すると沢山飾っているのが解ります。
インテリアに飾れるもの‥自分の好みをしっかりと決めておきましょう。
テレビボードやローボード等のインテリア家具を上手く使うと、おしゃれな部屋を簡単に作ることができます。

このブログで『気付き』や『やってみよう』と思われたら、下の『F Share』をクリックしてください。よろしくお願いいたします。m(__)m