日本の綺麗を楽しむインテリア

素敵な部屋作りはその人素敵にします。それは素敵な部屋作りをしていくことで、高い美的センス、知性と教養、そして行動力がみなぎる人へと成長していくからです。このサイトはあなたを一味違う魅力的な人に変身させます。

書斎の本箱で気持ちのゆとり感を【インテリア事例】

書斎の本箱で気持ちのゆとり感を【インテリア事例】

私の書斎は『納戸 兼 書斎』と苦肉の策で作ったスペースです。
と言うのも私は親と同居しています。そして親の物を仕舞う納戸が7.5畳の部屋を使っていた。
もったいない空間の使い方だったので、本箱を入れ『親の納戸 兼 私の書斎』に仕立て上げました。

本箱の中は『親のモノ(茶道具)』と『私の本』
そして『上部の横列を飾り空間』として使い、写真や旅行の土産などを飾っています。
飾り部分の高さは1.2mぐらいで、机に座っても立っても良く見える位置です。

納戸の中の書斎なので、あまり素敵な部屋に成りきっていませんが、
この飾りスぺースがあることで、気持ちのゆとり感が出てきます。

このブログで『気付き』や『やってみよう』と思われたら、
下の『Shar』をクリックしてください。よろしくお願いいたします。m(__)m

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です