茶室設計を専門家がする

Tea room design by experts.

大貫雄二郎一級建築士事務所が、茶室に関する設計図書を全て制作し、施工業者へ指示書を作ります

 施工業者が問題なく工事を進められるようにするには、多くの茶室設計図書が必要で、抜けていると大工が好きなやり方で施工してしまい、完成後、後悔することになります。

 大貫雄二郎一級建築士事務所では、完璧な設計図書を制作し、施工業者が問題なく工事ができるようにしますので、ご安心ください。

 私は住宅建築設計の専門家でもありますので、在来木軸工法から鉄骨造、RC造まで把握して、茶室と躯体との取り合いも熟知していますので、あなたの家がどんな構造でもお任せください。
 ご満足いただける設計図書を作るための、茶室の使い方含めて綿密に打ち合わせいたします。

茶室設計はこんな方がご依頼しています

・地元の施工業者を使い、新築・リフォームで茶室を作りたいけれど、茶室の知識がなく不安がある
・茶室の使い方や収納の工夫点、茶事や茶道教室での家全体の使い方など、相談できる茶人がいない。
・すでに施工業者から間取り図が出ているが、良し悪しの判断がつかない
 ※施工業者と契約前でも契約後でも大丈夫です。

茶室設計の進め方

 ご依頼はまず、下の【今すぐお問い合わせ】をクリックして「茶室設計依頼」とメールを下さい。
 1)私から、質問をさせて頂きながら、メールのやり取りをして茶室設計の概略を決めます。
 2)設計の範囲を決めて、お見積りを送ります。承認を頂いてから設計スタートです。

様々なご要望を、お気軽にご依頼してください

 大貫雄二郎一級建築士事務所は施工業者とは違い、時間をかけて丁寧に打合せをします。茶室の使い方や日常生活など様々なご要望をお伝えください。
 メールのやり取りになりますので、時間を気にせず、気になった時にいつでもご連絡ください。

 貴方の茶室の使い方や考えがまとまらない時には、間取りを複数案お作り、検討して頂きます。

 茶室のデザインは、侘びた茶室、書院的な茶室、モダンな茶室まで、あなたのご要望の茶室設計をいたします。

施工業者への指示について

 設計は一般の大工が納められる『茶室材』を使い、どんな茶室を作るのか、全て解るように図面を準備いたします。

 また使用する部材も、仕様書を作りわかりやすくしますのでご安心ください。

 施工業者がが図面を理解できない時は、私が直接、施工業者とやり取りをしますので、ご安心ください。

設計内容

●図書は『スケール:1/50~1/100』
●間取り図には、施工に必要な下記の図書が全て揃っています。
・イメージパース
・仕様書:仕上げ(床・壁・天井、腰張り)
・仕様書:照明器具、建具の仕様(障子・襖など)
・電気配線図(照明、コンセント、スイッチ、火災報知器の位置)
・その他、必要に応じて、天井伏せ図/展開図/露地図なども作成いたします。

設計の費用について

 設計費用は、間取り図の部屋の大きさで単価を決めています。

(例)八畳+二間の床の間と収納の茶室、三畳の水屋+収納、この設計料は約9万円(税抜き)です。
 間取り図に上記のイメージパース、仕様書、電気配線図まで含まれていますので、格安です。

 詳しくは下記をクリックして【茶室設計単価表】をご覧ください。

茶室 間取り図

茶室 展開図

イメージパース画

仕様書 仕上げ、照明、建具など

茶室完成 写真

茶室作りを検討している方へ 【茶の湯インテリア術】電子書籍のご紹介

Introduction of [Tea Ceremony Interior Technique] to those who are considering making a tea room

リビング、ダイニング、畳ルームに茶の湯空間を創る

茶事・茶道教室 本格的な茶室作り