シン・インテリア術 3つの効力 | おおぬきゆーじ

本当に素敵な家庭を作ろうとしている人に『人生を楽しく生きるのインテリア環境作り』を紹介します

片付けに時間をかけないインテリア作り

片付けに時間をかけないインテリア作り


 片付けるとは?、それは整理整頓(収納ルール決め)した状態に戻すことです。
 『整理整頓』していれば、何処に何があるのか全て把握し、直ぐに道具を取り出し/仕舞えて、効率的な生活が出来ます。
 『片付け』は『整理整頓』した状態にただ戻すだけなので時間はかからないです。

 片づけの苦手な人は『整理整頓』が上手く出来ていないので『超簡単に整理整頓の基本』の2つの視点を紹介します。

1)使う所に収納するは基本ですので、皆さんそうしてるでしょうが、ここの物が煩雑になっている事がよくあります。
・まず、物が積み重なると取り出しにくいので、引出しは物を立てて入れて、上から見て収納物がわかるようにします。(収納量も増えます)
 棚収納も積み重ならないように、棚数に増やし、取り出しやすくします。

2)次に、多過ぎて入らない物は、ストックヤードを作ってそこに仕舞います。これが大切です。
・ストックヤードは離れていても必ず1ヶ所に決めます。分けると解らなくなってしまい、探す時間が無駄になるからです。
 衣類も同じで、ストックヤードに季節外の物や予備品のストックヤードを作ります。

 基本になる視点はこの2点で『ストックヤード』を作るだけで整理整頓は、劇的にやりやすくなりますので、無い方は是非検討して下さい。

 インテリア作りの目標で見れば、飾るアイテム以外の物は、出しっぱなしにしないことになります。
 LDKは様々の事をするので、色々な道具などが集まってきますが、『良く使う物』はLDK内に全て収納して、はみ出てしまう、たまに使う物/ストック品/個人の物は全てLDKから追い出します。

 また、LDKにオープン棚がある場合、ここは特にゴチャゴチャと煩雑に見える所なので、小物類は箱に入れて収納します。その為には、棚に丁度納まる箱を探す手間が必要です。

『物を処分する』お勧めのやり方

 物が多くストックヤードにも入らない場合は処分を考えないといけません。処分するお勧めの手順は…
 『捨てる物』を決める前に、収納に入らない『捨てる量』を確認します。『捨てる量』を決めた方が短時間で出来るからです。
 様々な思い出の物、将来どんな生活に変わるか分からないのに『これは必要ない!』と全て判断を下すのは難問で、時間もかかります。
 『捨てる量』まで選べば終わりなら、一気に進められますし、また大きな物から処分していけば早く終るなど、要領よく進められます。

 『捨てる量』を確認するには『整理整頓/ストックヤードの管理』をして、日頃から『物の量と収納場所のキャパ』の把握している事が必要です。『物の量と収納場所のキャパ』が把握できていない人は、近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』のように全部取り出す処分を一度やってみるのが良いでしょう。そして、なかなか一人ではスッキリ処分出来ない人が、次に『捨てる量』まで処分する方法をとるがお勧めです。


 私の経験では、物を捨てても人生は変わりません。やりたいことをやり進めることだけが、未来の夢を開き、人生の楽しみを増やす唯一の方法だからです。物の処分は、やりたいこと進めるための補助の行為で、邪魔になる物の処分を時間をかけずに決断し捨てていけば良いのです。
 時間をかけて、片付いた環境を作ってから何かを始めるのではなく『やりたいことを始めるためのインテリア環境を作る』このことを先に始めた方が早く楽しみが増えていきます。

 その『やりたいことを始めるインテリア環境作り』は最もお勧めしたい内容ですので、次の効力も是非とも目を通してください。『やりたいこと』は特別なことでなく、日頃、皆さんが『こうなったら良いな』と思っていることがあります。
 2)家族仲良く/客のもてなしのインテリア【人と楽しく過ごす】
 3)インテリア・ルーティン【自宅で夢を掴む】