シン・インテリア術 3つの効力 | おおぬきゆーじ

本当に素敵な家庭を作ろうとしている人に『人生を楽しく生きるのインテリア環境作り』を紹介します

3)インテリア・ルーティン【自宅で夢を掴む】

3)インテリア・ルーティン【自宅で夢を掴む】

 インテリア・ルーティンとは『やるべき事が快適に出来るインテリアを作り、その環境を維持する』ことです。
 やるべき事をする専用(又は兼用)スペースを作れば、直ぐに作業が始められるので日々の生活習慣になり、毎日コツコツとやるべきことを進めていくことが出来ます。

 生活習慣がなぜ作られるかを考えてみると『朝起きて/顔を洗い/食事…夕食/テレビ/お風呂/寝る』などの全ては『寝室/洗面/キッチン/ダイニング/リビング/浴室』など、その専用空間があるからです。
 会社や学校は、仕事や勉強のための専用空間をプロが設計している環境です。だから、会社や学校に行くと自然と仕事や勉強をやる習慣が作れるのです。
 家で何かを進めたい人は、やる為の専用のスペースを作るべきですが、場所がない場合でもインテリアを一工夫して兼用で場所を確保します。

インテリア環境の作り方

1)やりたい事の出来るスペースを確保する
2)作業に必要な物の収納を、作業スペースの近くに作る

 この2つが基本ですので、具体的な『学習/在宅勤務/資格受験の勉強』『趣味を極める』『体を鍛える』インテリア環境の作り方を紹介します。ー続きを読むー

3)作業スペースと収納を常に使いやすい状態にする
 作業が終わったら一度片付けて、直ぐに再開できる状態を確保します。
「専用スペースなら片付けなくても良いのでは…」と思うかもしれませんが、自分がやりたくてしている作業は、ついダラダラと時間を忘れて進めたりすることが多いので、毎回区切りをつけるのが良いのです。そして『今日はどこまで進んで/次はどこから始めるか』しっかりスケジュールを決めて進めていきましょう。

自分が本当に何をやりたいのか見つける

 『目的や目標を叶える』ためには、それに向かって進んでいく環境が大切であるとは、誰もが言うことです。
 しかし、沢山のお金を用意しないと環境は作れないのではなく、数千円の準備金で、自宅の模様替えをして始めることができます。初めは上手く進まなくても、環境作りをもう一工夫するだけでも、格段に効率よく進めていけることもあります。
 そして、数か月やって自分に合わないことなら止めても良いのです。本当にあなたがやりたい事なら、しばらく止めても必ずまたやりたくなります。そうしたらまた再開すればよいのです。自宅で『あなたがやりたいことを進めていく』ことは『自分が本当に何をやりたいのか』を見つめるためにも大切な経験になります。

【最後に まとめ】
インテリア・ルーティンの3つの効果
1)その場に行けば、気分が切り変わり、やる気のスイッチが入る
2)快適で効率的な空間で、高い集中力でできる
3)そこで作業をするのが、生活習慣になり生きがいになる