シン・インテリア術 3つの効力 | おおぬきゆーじ

本当に素敵な家庭を作ろうとしている人に『人生を楽しく生きるのインテリア環境作り』を紹介します

お洒落で居心地よくするインテリアアイテム

お洒落で居心地よくするインテリアアイテム


 部屋に置く『家具とアイテム』『飾る物』で、居心地よさ/お洒落感を出す最適解を紹介します。

 『家具とアイテム』は、高級なホテルやレストラン等で使うアイテムが有効です。本来はどんな風にそこで過ごしたいのか?で選ぶ物は違うので『一般的にあった方が良い物』として読んで下さい。

 リビングソファはテレビを観るだけでなく、読書や仮眠の場にもなりますので、くつろいで過ごせるようにします。その為のアイテムはクッション/オットマン/の照明器具/寒い時期はラグを敷くなどです。

 ダイニングテーブルで食を楽しむために、テーブルランナーに花を飾ったり料理やお皿を映えて見せます。また食器棚には、お気に入りの食器を並べ、来客時にはこれらでもてなし楽しい食事会を演出しましょう。


 『飾る物』は、旅の思い出/自分の作品/工芸品/アート/絵画・ポスター/写真・絵ハガキなど、あなたが綺麗だ/可愛いと感じて集めた物なら何でも良いのです。その方があなたらしいインテリアになります。

1)飾った物がインテリアに映えて見えるためには、適切なボリュウムが必要で、飾る場所に合うサイズなら一つでも良いですが、小さい物の場合は同じテイストの物を並べてボリュウムを作ります。これは壁に飾る場合も、また棚に並べる場合も同じです。
 スポット照明で飾る物を照らして演出する時は、飾る物は小さくてもインテアでは映えて見えてきます。

2)綺麗に並べて飾りらしくする
 『飾っているvs置いてある』の差は歴然とわかるものです。
 並べ方は、感覚的に良いバランスで置くこともありますが、お勧めは『シンメトリー』を基本にすることで、これは棚の上に置く場合も、壁に絵を飾る場合も同じで、最も楽に綺麗に並べられます。

3)棚の上と壁とセットで飾り空間を作る
 日本の床の間は、壁に掛け軸/床に花などを飾ります。洋風のコンソール家具も上の壁に絵を飾り、天板に花を飾るのが一般的です。この飾り方はインテリアで見栄えが良いので、インテリア作りに活用しましょう。
 また、壁に飾る絵/棚の上の立体の物も、テイストが合うように考えます。簡単な例としては『洋風テイストで合わせる/和風テイストで合わせる』などです。

 飾り付けは難しくなく、数回やるだけで自分の感性が鋭くなるのが実感できます。
 但し、やり始めていく面倒くささがありますので、3時間だけ時間を作って、私の著書『スピーディーインテリア術』を実践して頂くと嬉しいです。
 片付けまでを3時間で終わらせるプログラムです。