あなたの家はもっと居心地良くなる 670円(税込) | おおぬきゆーじ | 幸せ生活&人生のインテリア作り"/>

おおぬきゆーじ | 幸せ生活&人生のインテリア作り

自然の気を満たすインテリア術
あなたの家はもっと居心地良くなる 670円(税込)
この電子書籍は各店で無料サンプルが読めます。
楽天Kobo(Rakutenブックス)】 【Amazon Kindle(アマゾン キンドル)
Google Play 書籍】 【KOOK☆WALKER(ブック ウォーカー)

自然の気を満たすインテリア術の紹介
あなたの家はもっと素敵になる

 現状の都市の戸建て住宅やマンションでは『自然の気』を感じることは難しいと思うかもしれません。『部屋も庭も狭い/庭もない/家が建て込んで光も風も入りづらい』からです。でも、あきらめることはありません。
 日本には都市生活でも『自然の気』を取り込むための、住まいの知恵が昔から沢山あります。例えば、他国より大きい窓は『光と風そして緑』を部屋に取り入れます。そして『中庭、生け花、風水、節句、床飾り、灯り』などは、『美しい自然の気』を呼び込むために上手に使われてきました。
 本書はこれらの知恵を現代的に解釈して、どのように戸建て住宅やマンション生活に取り入れていくかを解説いたします。

 また、憧れのインテリアを再現しようとして『我が家では無理!』と挫折した人がいると思います。それは元々のその家に流れる『自然の気』と合わないイメージを目指していることが多いのです。
 例えば、明るいインテリアが好きな人が、光の当たらない北の部屋に住んでいると「もっと明るく‥もっと明るく‥」と考えてしまいますが‥そうではなく、北の部屋では元々の『落ち着いた北の気』を生かしたインテリアにすると美しくなります。その方が心地の良い部屋を作りやすいのです。

 あなたの家が受けている様々な『自然の気』の特徴を理解して、それに適したインテリアイメージを創ることで、あなたの家の『本来の美しさ』を引き出していくことができます。

 あなたの家は今、不満が沢山あるかもしれません。
 でも、自然の気を満たす、豊かな家に変えていくことは出来ます。お金は余りかけなくても、インテリアから見える外に植物を育て、そして部屋にも飾る。手間暇をかければ、どんな家でも『自然の気を満たすインテリア』にしていくことはできます。
 お家にいる時間を今以上に心地よく過ごすために、是非とも、『自然とインテリアの融合』を実践してください。

 また、初めに伝えておきますが、この本の内容は『ナチュラルテイストのインテリア作り』ではないので、家具や内装材には触れていません。それも大切な事ですが、ナチュラルテイストはインテリア雑誌に沢山の情報があるので、そちらを参考にされるのが良いと思います。
 このインテリア実践書はもっと建築思想的な『人と植物の生活スタイル、自然の気を感じ取る空間、そして自然の気の取り入れ方』をお伝えし『自然の気を満たして』いきます。

もくじ

プロローグ <自然とインテリアの関係>
【第1章】自然の気を『窓から導く』
部屋に庭の自然を導く
インテリアに古い樹木の風格を
庭の美しい所だけを部屋に導く
テラスで内外の繋りを創る
大空の気が入るマンション
美しい風景が見える所に座る場所を作る
バルコニーの植物で部屋と空を繋ぐ
月を楽しむ風流な暮し
【第2章】自然の物を『インテリアに飾る』
海や山でみつけた自然を飾る
インテリアグリーンで森林浴
庭に咲いた花を飾る
床の間の美しい気の流れ
季節行事で自然のパワーをもらう
【第3章】『明りと灯り』で自然の気を強める
昼は美しい自然光の中で暮す
自然光の明かり
木洩れ日の見えるインテリア
夜はほんのり明るい光の中で暮す
光の効果『ベースライト・アンビエントライト・タスクライト』
夜の照明計画の基本
幻想的な横や下からの光
キャンドルの心安らぐ灯り
【第4章】『風水、東西南北』4つの自然の気の生かし方
『東西南北』気のパワー
東の気のパワーを生かす
南の気のパワーを生かす
西の気のパワーを生かす
北の気のパワーを生かす
風水の四方位の神獣
あなたの家の気のパワーを読み解く
【第5章】自然の気を満たす『インテリア事例』
家全体の自然の気を読み解く
東の気を生かすインテリア事例
南の気を生かすインテリア事例
西の気を生かすインテリア事例
北の気を生かすインテリア事例
エピローグ

インテリア本の著者インタビュー 2016.06.12 著者仕事場にて

【インタビュアー】
『自然の気を満たすインテリア術』とは、かなり抽象度の高いタイトルですか、どうしてこのタイトルにしたのですか?

【ゆーじ】
私が始めて書いたインテリア本のタイトルは『美しい気の流れる家』でした。
私は『自然の気』を生かすことが究極のインテリア術だと確信していまして、最初にトライしたテーマを今回仕上げたのです。

【インタビュアー】
インテリアを素敵にするのに、どうして自然の気が大切なのか理由が分からないのですが‥

【ゆーじ】
インテリアの仕事をしている時、お客様から暗い北の玄関を「照明を沢山つけて明るくしてほしい!!」というご要望が多くあります。
もちろん照明器具をつけて明るくするのですが‥『南のイメージ』のように元気一杯の明るさにしてしまうと、照明器具ではわざとらしい明るさのインテリアになってしまいます。

【インタビュアー】
なるほど!!作為的な明るさであまり素敵に感じない訳ですね。

【ゆーじ】
そうなのです。北の照明計画は間接照明などであまり明るくしないで『しっとりした灯り』のほうが合うわけです。その方位の『気』にインテリアの雰囲気を合すことが大切なのです。

【インタビュアー】
『東西南北の気』のイメージはそれぞれにあるのですか?

【ゆーじ】
あります! 本書で方位別の自然の気を、インテリアの事例をパースにしながら解り易く解説してます。

【インタビュアー】
面白そうですね‥今回まだ私は『自然の気を満たすインテリア術』を読めていなかったのですが(すみません)‥でもとても読んでみたくなりました。
今までのインテリア本とかなり視点が違いますね。

【ゆーじ】
そうですね‥自然の気の大切さは建築美の視点では語られますが、インテリア術の実用書としてまとめた本は始めてだと思います。
方位以外にも、自然の気とインテリアとの関連は沢山あります。たとえば‥
自然の気を部屋に飾ることは『日本の季節の行事』でも普通に行われています。

【インタビュアー】
季節の行事とは節句などですか?

【ゆーじ】
そうです。それらも自然の恩恵に感謝したり、自然の力で邪気を払ったりします。
自然の気をインテリアに取り入れることで、人は心地よく暮らせることを、かなり昔から気が付いていて、実際の生活に取り入れているのですね。
【インタビュアー】
言われてみるとその通りですね。

【ゆーじ】
また‥普段の生活でも、窓の外に自然の風景が見えるようにすることでインテリアを何倍も心地よくしてくれます。

【インタビュアー】
インテリアから庭の自然や草花が見えるのは気持ちが良いですね。
でも今はマンションや戸建てでも庭が狭くてなかなか自然や草花など望めませんが‥

【ゆーじ】
マンションや戸建てでも、少しの工夫で素敵な自然の庭が見えるようにできますので、是非トライしてほしいですね。
そして‥
インテリアの照明計画は『自然が創りだす光の効果』を手本にすると洒落た雰囲気が創れます。

【インタビュアー】
なるほど‥自然とインテリアの美しさは密接に繋がっているのが解りました。
インテリアのプロになる人は『自然の気』の活かし方を学校や会社などで習うのですか?

【ゆーじ】
学校教育としてはほぼ教わることはありません。あとは自分で『自然の気』に関連する講習など探して受けたり、独学で学ぶしかないと思います。

【インタビュアー】
インテリアと言うとどうしても『部屋の中の物をどうしようか?』ばかりを考えてしまいますが、もっと大切なことがあるのですね‥
インテリアは奥深いです。さっそく私も読み始めます。
本日はありがとうございました。

【ゆーじ】
ありがとうございました。

活動

活動名

ここに活動の説明が入ります。

ここに活動の説明が入ります。

ここに活動の説明が入ります。