日本の綺麗を楽しむインテリア

インテリアは人を楽しませ、人を大切にする『幸せの環境作り』

子育てインテリア術 3歳から8歳までの こどもの未来を育てる

このインテリア実践書は各店で販売しています。

【楽天Kobo(Rakutenブックス)】【KOOK☆WALKER(ブック ウォーカー)】
【Google Play 書籍】【Amazon Kindle(アマゾン キンドル)】


内容紹介

『こどもを大きく育てるには、高い天井の家に住む』と何かで読んだことがあります。それも一理あるのですが、そのためには家を建てるの?、マンション住まいはではダメなの?と、どんな家庭でも出来る普遍的な教育環境の作り方ではないでしょう。
 この本でお伝えするのは、全ての家で、直ぐに実践できるインテリアでの教育環境の作り方です。

 お子さんが小さい今、こども達に覚えてほしいことは、
『自分から率先して、片付けなどを始める力』
『集中して根気強く、やり続ける力』
『自分の考えや思いを、上手く人に伝える力』
などではないでしょうか。
 これらのことは、インテリアの一工夫で環境を作れば、徐々に一人で出来るようになります。
インテリアはこどものやるべきことを具体的に示した『教育のための環境作り』が出来ます。

子育てをしていて、こどもへの一番の願いは『我が子に幸せな人生を送ってほしい』ことだと思います。
 こどもが中学生になる頃は、優秀な学校を卒業するように導くことも必要かもしれませんが、小学校低学年以下のお子様はまだその準備には早く、もっと基礎的な『行動力、思考力そして強い心』を育てることが大切だと思います。そして、それがこどもが大人になった『未来も力強く生きていく力』になるはずです。

 私が30年間の住宅設計の仕事で様々な建築家先生の子育てインテリアの思想を学び、わが家の25年の子育てで実践して、効果が高い環境作りを選りすぐったものです。

 「いちいち言わないとやらない」「言うことを聞かない」など『言って聞かせる子育て』に行き詰まりを感じる方にお勧めですので、子育てに悩む前に、こどものためにインテリア作りを是非、始めてみてください。

もくじ

【序章】我が子に幸せな人生を送ってほしい

【第1章】アミューズメントリビングは片付け力と創造性を育てる
1-1.創造性を育てるリビングの『遊び空間』
1-2.片付け力をつける『玩具収納』の設置
1-3.玩具収納の『理想の家具』

【第2章】こどもギャラリーは豊かな感性と自信を育てる
2-1.こどもの作品をインテリアで素敵に飾る
2-2.各部屋のギャラリースペースはここ

【第3章】ダイニング学習は優秀な子を育てる
3-1.『集中して学習!』といってもこどもに集中力はつかない
3-2.効率的な学習が出来る教科書などの収納
3-3.学習の場所はダイニングテーブル? 学習机を置く?

【第4章】食事中の会話で『こどもの個』と『コミュニケーション力』を育てる
4-1.食事中の話題は、家中に満載されています
4-2.こどもの『個』を育て『コミュニケーション力』をつける

【第5章】こどもの片付け力は、親のお手本で育てる
5-1.片付けなさい‥ではこどもは、理解も行動もできない
5-2.片付けは、整理整頓の収納ルール作りから
5-3.アミューズメントリビングの収納計画
5-4.ダイニング学習の本棚の収納計画

【終章】こども達が未来を『楽しく、たくましく、豊かに』生きる