日本の綺麗を楽しむインテリア

インテリアは人を楽しませ、人を大切にする『幸せの環境作り』

おおぬきゆーじ『インテリア実践書』シリーズ【住まいの書房】

インテリアは『お洒落にする』だけではありません

・インテリアは誰かと楽しく過ごすために作るのです。
『家族と楽しく暮らす・友人をもてなす・恋人と仲良く・あなた自身が心地良く』そんな、家で楽しく/有意義に過ごすために愛情を込めてインテリアは作ります。

・このシリーズは様々なインテリア術を、誰にでも出来るように具体的に解説していますので、ぜひ実践して下さい。
 『外に遊びに行った方が楽しい/外の方が素敵な思い出が作れる』だけではなく、家の中でしか出来ない、有意義で大切な時間を楽しみ、素敵な思い出まで作りましょう。

・愛情を込めて作ったインテリアで楽しむ時間は、あなたが魅力的に輝く時間です。

インテリア実践書シリーズは各店で販売しています。

【楽天Kobo(Rakutenブックス)】【KOOK☆WALKER(ブック ウォーカー)】
【Google Play 書籍】【Amazon Kindle(アマゾン キンドル)】


茶の湯インテリア術 【茶人のためのインテリア本】
もてなしの茶の湯空間をあなたの家に作る

茶の湯のしつらいは、世界に誇れる日本の美しいインテリアと、もてなしの心があります。
ご自宅のリビング ダイニングや畳ルームに、茶の湯の世界を取り入れ、離れて住むご家族や、親しい友人が訪ねてきたとき、一服点てれば、あなたの心のこもった、おもてなしが伝わります。

茶の湯インテリアは『床飾り』と『点前座の道具組み』で作られていています。
あなたの家に、簡単に茶の湯空間を作るのがこの『茶の湯インテリア術』です。

【内容紹介 目次 を見に行く】

スピーディーインテリア術 3時間
あなたの家にある物だけで綺麗を創る

・このインテリア本は、あなたの家を3時間で劇的に美しくする実践書です。
 インテリアの作り方がよく分からない方や、初めて挑戦する方にも、直ぐに取り組める内容です。

・インテリアの奥義は『美しい所を創ること』です。そして、その美しさを壊さないように『周りをササッと片付け』れば良いのです。

・インテリアのプロなら、どんな部屋でも、どのようにササッと片付け、何処に美しい所を創るのか?一目見れば分ります。
・そのインテリア創りの最も重要なノウハウをお伝えしています。

【内容紹介 目次 を見に行く】

自然の気を満たすインテリア術
あなたの家はもっと居心地良くなる

・本当に心地の良い住まいは『美しい大自然に建つ家』で、優しく美しい自然の気がインテリアに流れてきます。

・本来自然は、熱い寒いや嵐も台風もある厳しいものです。でも、その中にとても『心地の良い美しい自然の気』があります。その良い所だけを切り取って『自分の家の中に満たしていく』、これ程贅沢で、豊かな暮らしはありません。

・「インテリアは色々と試したけれど、これ以上良くならない‥」と行き詰まりを感じた方は、あなたの家が受けている様々な『自然の気』を感じ取り、その魅力を最大限に引き出すインテリアを実践してください。あなたの家はもっと居心地よくなります。

【内容紹介 目次 を見に行く】

モテる男の もてなしのインテリア術
大好きな彼女には、ここまで愛情を注いでください

・この本はあなたの『美的センス』を育て、『家に招いた彼女の感情を揺さぶり、あなたに魅了される』ことを目指す『もてなしのインテリア術』です。

・大切な彼女が家に来る時/呼びたい時‥その日は最高の愛情を、彼女に捧げるチャンスです。
 それは、家で彼女を『もてなす』ことは、言葉やプレゼントで伝えられる以上の『彼女を本当に大切にしている』気持ちを伝えることが出来きるからです。

・彼女はあなたの部屋で過ごす時間を心から楽しむことができ、一生の素敵な思い出になるかもしれません。


【内容紹介 目次 を見に行く】

子育てインテリア術 3歳から8歳までのこどもの未来を育てる
こどもの為に住まいの環境を整えれば、こどもはすくすく成長します

・お子さんが3歳~8歳ぐらいの時は
『言うことを聞かない!』『園や学校で皆と仲良くしてる?』など、不満や不安が絶えません。
・これはインテリアの環境作りで全て解消できます‥家でしか教育できない事です。

・こどもが『やらなければいけない片付けや勉強』は、インテリアの工夫で、徐々に自ら行動できるようになります。
・また園や学校で必要な『コミュニケーション力』も、家族と会話が弾む環境を作れば、直ぐに付いていきます。

・そして何より大切な、『こどもの個』の感性や創造性は、『親の生活する姿』の影響を受けて作られます。こどもが成人するまでには様々な影響で『個』が完成していきますが、そのベースになる『こどもの個』はすでに作られ始めていますので、今の住まいの環境作りがとても大切なのです。
子育てインテリア術を実践することを、是非ともお勧めいたします。

【内容紹介 目次 を見に行く】

子育てインテリア術 9歳から17歳まで こどもの未来を育てる
こどもの為に住まいの環境を整えれば、こどもはすくすく成長します

・こども部屋は『自分のことは自分でやる』という『自立をしていくための準備の部屋』にしたいものです。そのためには『勉強する/片付ける』がこども一人でできるインテリアの環境作りが大切です。環境の整った部屋ならこどもは自ら率先して行動できるようになります。

・この年頃から『こどもの個』が強くなり気持ちが分からなかったり、反抗的な態度をとったりと、親から離れていくのが普通です。ですので、幼い時よりも『親からのコミュニケーションが大切な時期』です。『こどもとのコミュニケーション』はインテリアの環境作りで様々な形が作れ、会話の途切れない明るい家庭が作れます。

・こどもはあと10数年で独立していきます。それまでの短い期間の中で『子育てインテリア術』をご自宅に取り入れ、皆さんのお子さんが『賢く、たくましく、感性豊か』に育っていく姿を楽しみながら、穏やかな家庭生活を送っていくことを願っております。

【内容紹介 目次 を見に行く】