日本の綺麗を楽しむインテリア

素敵な部屋作りはその人素敵にします。それは素敵な部屋作りをしていくことで、高い美的センス、知性と教養、そして行動力がみなぎる人へと成長していくからです。このサイトはあなたを一味違う魅力的な人に変身させます。

リビング・ダイニングインテリア

【インテリア事例編】秋の装い ススキ飾り

我が家のダイニングキッチンは屋根形状に合わせて勾配天井にしています。
その高さ方向を活かすように、ススキを壁の高い位置に生けました。
スーと背の高いススキの姿は、視線を自然に引き上げるので天井の高さが強調されて良い感じです。

添えの花は彼岸花
花入れは利休好みの竹籠と言われている形「鉈鞘籠花入(なたのさやかごはないれ)」です。


ススキを生けるとグッと秋の装いになります。
そしてもう直ぐに冬の到来です。
年が明けて春が来ると、庭のススキはまた葉がたくさん出て来ます。

【インテリア事例編】我が家のインテリアグリーン

住まいに飾る観葉植物を『インテリアグリーン』と言いますが、我が家でカシワバゴムの木があります。
知人に頂いた時は、2本の枝の上のほうに大きな葉がついていましたが(上の写真)…だんだんと元気が無くなってきてしまい、明るいところに置いたり、水をやったりと世話をしていましたが…ついに葉が枯れてしまいました…
ところが! なんと! 下から新しい葉が沢山出てきました!(下の写真)

上の枝は枯れてしまいましたが、下からの新しい葉は、とても瑞々しく綺麗です。植物は強いですね。
我が家の唯一のインテリアグリーンは、2本の枯れた枝を『竜の髭』のように残しながら新たな若々しい『自然の生命力の気』を放ってくれています。

【インテリア事例編】水引草を家の3か所に飾る

私の大好きな『水引草』をダイニング、和室の床の間、トイレに飾りました。
水引草は小さな小さな赤い花がとても可愛いく、その花のついた枝がスーと長く伸びているので、繊細ながらボリュウム感があります。
そのため、水引草が支配する空間が広く、意外とインテリアで目立ち、映えて見えます。

水引草を美しく飾るために、気にするポイントは
1)水引草だけでは細く見えすぎるので、別の花と一緒に飾ります。
2)合わせる花は、水引草の小さな赤色を消さないように、淡い色の花との愛称が良いようです。
 実例はダイニング:紫陽花(紫)、床の間:紫陽花(白)蛍袋、トイレ:ヤマボウシです。
3)花を飾る空間は、周りに強い色があると、水引草の小さな花が目立たなくなるので、なるべくシンプルで色味が無い背景になるように飾るのがお勧めです。

水引草はタデ科の多年草で、日本人に馴染みが深く、日本画や陶器の挿絵などに良く描かれる花です。
我が家では、初夏から仲秋頃まで咲いていて、水引草をよく部屋に飾ります。

・インテリア家具ブログ シアター&パソコンコーナーの多機能リビング

リビングは元々様々なことをする部屋ですが、最近はシアターの機能や、PCコーナー(書斎)として使う人を多く見かけます。リビングがメディアルームになっているのです。

メディアルームには『PC関係やAV関係の機器』が多く出てきますが、この機器の色も黒またはシルバーなどどれかに統一した方が良いでしょう。
テイストが統一できないプリンターなど周辺機器は、目に付かないデスクの下などの収納場所を考えます。
また配線も多くなってしまいますので、束ねるなどして煩雑さが目立たないように気を付けましょう。
インテリア家具ブログ プリンター隠し

家具はパソコンデスクあり、テレビボードあり、吊り戸ありとなど用途が異なりますが、テイストを合せ統一感を作るためにはシステムファニチャーで組んでディテールと仕上げを同じするのが、絶対に失敗しない方法です。

インテリアで使う素材の種類があまり多く見えないようにするのが良いのです。
木を使うなら同じ色の木で統一してコーディネイトします。
また家具の木の色の面積が多すぎてうっとうしく感じるときは、白色にして壁紙の白と同化させることも良く使う手法です。(パースの吊り戸参照)

このブログで『気付き』や『やってみよう』と思われたら、
下の『Shar』をクリックしてください。よろしくお願いいたします。m(__)m

インテリア家具ブログ パソコンがカッコ良いモダンリビング

今回はパソコンのあるカッコ良いリビングインテリアを作る方法を書きます。
ノートパソコンのように使わない時は仕舞うなら、インテリアとのコーディネイトは気にしなくて良いでしょう。
しかし、いつもパソコンが出ているならば、パソコンのあるインテリア風景がカッコ良い空間になるようにしましょう。

パソコンなどプロダクトデザインのテイストは『モダン』です。
つまりパソコンのある部屋は『モダンデザイン』でまとめた方が良いという事です。

テレビもモダンなプロダクトデザインですが、近年テレビはどんどん大型化してきました。
それに合わせるようにリビングのインテリアテイストは『モダン』が多くなっています。
インテリアの風景の中でプロダクトデザインが目に付けばつくほど『モダンインテリア』が似合ってくるのです。

モダンテイストは近代の工業製品の素材とデザインで作られたもので、金属/ガラスを使ったもの、形状はシンプル/機能的な形のものです。
パソコンデスクも周りの家具も、デザイン優先でモダンなものを選びましょう。

でも、モダンテイストのものだけで、部屋全体が味気なさすぎると感じる時は部分的に色を使う(パースでは椅子の布部)と良いでしょう。

このブログで『気付き』や『やってみよう』と思われたら、
下の『Shar』をクリックしてください。よろしくお願いいたします。m(__)m

インテリア家具ブログ リビングの家具レイアウト

インテリアはまず人が集まるリビング・ダイニングから始めるのが良いでしょう。
人に見られることが多い部屋なので、リビングを美しくする事はやりがいも感じるでしょう。

インテリアは部屋の機能を考えながらデザインする必要があります。
リビング・ダイニングならみんなが楽しく過ごせる部屋作りを目指します。

そのためには、家族やお客様など皆がくつろげて、コミュニケーションの取りやすい家具レイアウトを考えていく必要があります。
皆が椅子に座った時にちょうど良い距離で顔が向き合う様になるのが理想です。

家具レイアウトを一人で考えているとつい、自分だけがくつろぐ空間として考えてしまいやすいですが、自分よがりのデザインにならないように注意して、皆がいる時の状況をイメージして家具レイアウトしていきましょう。

このブログで『気付き』や『やってみよう』と思われたら、
下の『Shar』をクリックしてください。よろしくお願いいたします。m(__)m

インテリア家具ブログ リビング内パソコン(書斎)コーナーをお洒落に

リビング・ダイニングにパソコンデスクを置いている家が多いですが、それがインテリアを悪くすることがありますので注意しましょう。
パソコンデスクが他の家具とテイストが合わないときがそうです。たとえばインテリア全体の雰囲気がナチュラル(自然の木の風合い)なのに、パソコンデスクやパソコンがスチール(金属系)のモダンな感じの時などです。
また、通販など安いパソコンデスクの場合も当然インテリアのグレードを下げてしまいます。

「パソコン類は機能で選ぶのでデザインは気にしない。インテリアと合すつもりは全く無い」という方はリビング・ダイニングから見えない所にパソコンコーナーを設置するのが良いでしょう。
具体的には1mから1.2mぐらいの腰壁を作りその奥にデスクを置けば良いのです。
少し奥まったアルコーブ空間に造った書斎コーナーのような雰囲気でカッコいいです。

リビング・ダイニングから見えてくるインテリア風景は、腰壁の向こうに本箱が見えている状態になります。
本箱の見せた方は『インテリア家具ブログ 本棚を飾る』を参考にして下さい。
プラン7
このブログで『気付き』や『やってみよう』と思われたら、
下の『Shar』をクリックしてください。よろしくお願いいたします。m(__)m

インテリア家具ブログ 壁面収納で素敵な部屋作り

壁面一杯に家具を設置するのは収納量が増えることも良いですが、それ以上に『作り付け家具のある部屋』といったインテリアデザイン的な魅力が良いのだと思います。
収納家具がフォーカルポイントになりインテリア風景を創ります。

現在はシステムファニチャーと呼ばれる家具で作ることができ、間口も高さも部屋の壁面サイズに合わせてピッタリ納めることができます。
仕上げも全体が統一できてデザインも美しくまとまります。
その他の良いところを下に記します
・飾る物に合わせて、オープン棚やガラス扉にして見せる収納にできる
・収納物に合わせて、扉のある隠す収納や小物の為の引出しなど自由に組める

リビングボードやシステムファニチャーはお洒落なお宅にはほとんどあります。
片付けを考えても収納量が増えますし、飾る物を置くことでフォーカルポイントになるので、お洒落な部屋になるのです。
リビングボードなら通販家具など手ごろな値段の物も多くあります。
無いお宅は是非考えてみてください。

このブログで『気付き』や『やってみよう』と思われたら、
下の『Shar』をクリックしてください。よろしくお願いいたします。m(__)m

素敵な部屋の作り方 フォーカルポイントを作ろう【2-1】

今回の事例は部屋の入り口からの見て、
間口が広く見えるプラン例の、インテリアの作り方の大切なポイントを書きます。

間口が広い部屋の場合は首を左右に振って、部屋全体を見るようになります。
部屋全体とは3面(正面・左面・右面)のことで、それぞれにフォーカルポイントが必要になるわけです。
リビング南庭プラン図
部屋全体を美しくするとは本来、部屋の4面とも美しくするべきです。
このプランの場合は部屋の入り口から、4面のうちの3面が見えてしまうわけですから、3面ともおしゃれにしていきましょう。

右面のインテリア風景
【Before】リビングのテレビの周りが淋しい感じで『世界観』が無く殺風景なインテリアです。
B前 右

【After 】家具をフォーカルポイントにするために、飾る棚の付いたテレビボードを置き、棚に本や小物を飾ります。
壁面を覆うテレビボードのボリュウム感が良い感じで、フォーカルポイントになっています。
B後 右1

【After 】長いテレビボードと吊り戸を配置し、天板の上には物を飾ります。
家具はボリュームがあったほうが(壁の間口を一杯に使う)フォーカルポイントとして明確です。
家具の天板の上は『飾るための場所』ですので、おしゃれなインテリアアイテムを準備しておきましょう。
インテリア風景の趣が生まれます。
B後 右2

今回のまとめ。間口が広い見えるプランは、正面・左面・右面の3面ともおしゃれにインテリア創りをして下さい。
家具を配置してのインテリアは『インテリア家具ブログ』も参考にして下さい。

このブログで『気付き』や『やってみよう』と思われたら、
下の『F Share』をクリックしてください。よろしくお願いいたします。m(__)m