日本の綺麗を楽しむインテリア

素敵な部屋作りはその人素敵にします。それは素敵な部屋作りをしていくことで、高い美的センス、知性と教養、そして行動力がみなぎる人へと成長していくからです。このサイトはあなたを一味違う魅力的な人に変身させます。

玄関インテリア

【インテリア事例編】冬支度 今年最後のススキ飾り

我が家でススキを飾るのは9月と11月です。
9月は中秋の名月の、月見をイメージして少し侘びた風情の飾りにします。

11月は庭のススキを、全て切り落としたものをいっぺんに飾ります。
全てススキを切り落とす理由は、我が家では茶の湯をたしなみますので、11月の炉開き『冬支度』のため、庭に秋の風情が残るススキを残さない為です。

この写真は11月に全て切り落としたススキをまとめて玄関に飾たったものです。
ススキは背を高く、上に広がっていくシルエットを生かすように生けるのが綺麗です。

その為、花入れも縦長にすると投げ入れで簡単に生けられます。平たい花器だと剣山で生けないと立たないので手間が掛かります。

オブジェは私が学生時代に作ったもので、一緒に飾ってみました。

【インテリア事例編】ハロウィンの飾りをロウソクの灯で

遊びに来る妻の友人を迎えるため、玄関飾りのロウソクに火を灯しています。
ハロウィンの季節なので、かぼちゃの飾りを意識して、庭で育った赤い烏瓜(カラスウリ:かぼちゃもウリ科なので、遠い親戚と言う事で‥‥)と一緒にロウソクを7つ並べています。
真ん中にの大きなロウソクの左右には、娘が作ったシーサーをセンターを明確するために置いていますが‥シーサーである意味はありません。

左右6個の燭台(しょくだい)は、元々は茶事の酒杯のために作った、おちょこ(酒器)を見立てて使っているものです。

【インテリア事例編】玄関に飾った。南米グアテマラのお面と野染の布


南米グアテマラのお面でを玄関に飾りました。魔除けのように感じます。
知人が国際ボーイスカウトのつながりでもらったものを頂きました。

本来は壁に飾るものですが、スペースがないので、靴箱の上に。

大事なのはベース用の布選び! インドネシアの柄の細かい布はお面の筆跡が雑に見えてしまうなー、赤と黒の絣は、強烈で好き!だけど、お面が弱く見えてしまう。

というわけで、一番、お面が引き立って見える、パステル調の野染の布に決定!しました。

この布は、子供が小学生低学年の時に作った野染の布(白い布を庭で染料を好きにかけて染める)です。
年一回ぐらいの割合で活躍します。

【インテリア事例編】端午の節句飾り

玄関の狭い『おおぬきゆーじ宅』は玄関に節句飾りをします。
飾り初めて22年目の『兜』です。
この年は後ろの『金屏風』が少し飽きてきたので、代わりに『伊藤若冲ポストカード30枚』を額に入れて屏風に仕立てました。
さすが若冲先生の絵は小さくしてもインパクトが強く、玄関全体を華やかにしてくれます。
そして『兜』を引き立て見せてくれました。