日本の綺麗を楽しむインテリア

素敵な部屋作りはその人素敵にします。それは素敵な部屋作りをしていくことで、高い美的センス、知性と教養、そして行動力がみなぎる人へと成長していくからです。このサイトはあなたを一味違う魅力的な人に変身させます。

素敵な部屋 写真の撮り方【超簡単!】

ホントに簡単に部屋の写真を素敵に撮れます(⌒∇⌒)

 一眼レフなど高いカメラの必要はありません。
 7つのポイントだけ実行してください。

①デジカメはズームした時に焦点距離『28mm』以下のものがおススメです!

 『28mm以下』の広角レンズは、一般のレンズ(35mm)に比べ『部屋の広い範囲を写せて空間の広がり感』を写し出すことができます。
 狭い部屋も撮影しやすく、部屋は広い感じに写ります。

   一般35mmのレンズで撮影     ◎広角の28mmのレンズで撮影

➁撮影はストロボを絶対に使用せず、三脚を使ってで手ブレを防ぎます。

 ストロボを使うと手前だけが明るく、奥が暗くなってしまいます。
 手ブレしないように三脚でシャッタースピードを長くして撮影すると、部屋全体の光を捕えた美しい写真が撮れます。

    ストロボを使って撮影        ◎ストロボなしで撮影
 三脚が無い方は、シャッターを押す時に手ブレしないように、何か固定できるものにカメラを置くとか、一脚のものでも十分です。
 晴れた日のほうが明るいので部屋が綺麗に写ります。

➂カメラは原則として水平に設置して撮影します。

 見上げたり(写真中)、見下げたり(写真右)すると、上下にパースが付いてしまいます(上や下にすぼまった状態)。
 写真の中に垂直線が無いため空間が落ち着きません。


➃天井面を撮る場合はカメラを見上げることもあります。

 勾配天井や蒲仕上げの天井を撮影する時などです。

       ◎勾配天井          ◎蒲天井

⑤デジカメは露出補正(明るさ調整)が簡単! 露出違いも撮影しましょう

 少し明るめの方が素敵に見える部屋の写真。でも‥和室など落ち着いた雰囲気に見せるために少し暗めにする こともあります。
 どのカメラも簡単に露出補正が出来ますので、お好みで調整してください。

   露出補正+0.7      露出補正±0      露出補正-0.7

⑥照明器具は昼間でも必ず点灯して撮影してください

 部屋の暗い所が無くなり部屋の印象が良くなります。

     照明をつけないで撮影        ◎照明をつけて撮影

⑦撮影する部屋はしっかりと飾って、余分な物を片付けましょう。

カメラのファインダーの中でよく確認してから、写真を撮りましょう。 この時、窓から見える景色も大切です。 美しい外の景色ならそのまま写して、そうでなければレースカーテンな ど閉めて、光だけ部屋に入るように写します。

    散らかった部屋        ◎片付いた部屋
どうですか? 皆さん。簡単だったと思います。 これはプロのカメラマンに教わったものです。是非参考にして下さい。