日本の綺麗を楽しむインテリア

素敵な部屋作りはその人素敵にします。それは素敵な部屋作りをしていくことで、高い美的センス、知性と教養、そして行動力がみなぎる人へと成長していくからです。このサイトはあなたを一味違う魅力的な人に変身させます。

ダイニングキッチン10畳の茶の湯空間

ダイニングキッチン10畳の茶の湯空間


ダイニングでは2か所でお茶を点てられるようにしています。
ダイニングテーブルの茶の湯空間
まず1つ目(写真1)はテーブルに付けた『添え点茶番(写真左)』です。
この台が点前座になりますので、お点前をしやすいようにダイニングテーブルよりやや低い高さになっています。
瓶掛が置いてありますが風炉を置くこともできます(写真2)
(この2枚の写真は点前座を窓側にしています)
また、添え点茶番を使わなくても小さめの瓶掛ならば、ダイニングテーブルの上においてもバランスが良いです。


見立の壁床
テーブル向うの壁を床の間に見立てています(写真3)
真ん中ニッチの左右の壁、それぞれに『掛釘と花釘(計4個)』を打ち、床の間に見立てて飾り付けています。
普段はその釘を使っての、自由な飾り付けを楽しむことが出来ます。

ダイニングに御園棚を置いた茶の湯空間
2つ目の点前をする所は、御園棚を北庭の窓の前に置いて茶の湯空間を作っています(写真4)
我が家の使い方はここでお茶を点てることはあまり多くないです。親しい茶の湯の友人が来た時などに使います。

普段は飾り卓として活躍しています。立礼卓は飾る物を引き立ててくれる、優秀な飾り棚です(写真5)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です